スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Greeの業績予想の読み方

仕事の繁忙期から休暇で完全に活動停止だったので久々の投稿第一弾として、
Greeの業績予想に対する読み方を記載していきます。

Greeの業績予想はレンジ予想になっていますが、
売上高1,950億円(前期比23.2%増)から2,050億円(同29.6%増)、
営業利益740億円(同10.6%減)から840億円(同1.5%増)と発表されています。

市場のコンセンサスを下回っている水準であり、競合のDeNAと比較すると良い決算とはいえません。
しかしながら、それは公表数字をそのまま鵜呑みにした場合の考え方であり、
深読みした場合には非常に保守的な業績予想と考えられます。

深読みする理由としては、売上高が20%以上増加するにもかかわらず、
海外への先行投資により利益では減益予想か、若干の増加水準となっていることと、
昨年までの業績予想の傾向では当初は保守的に公表し、後々上方修正することにあります。

また、直近では大型IP案件のNarutoゲームが、
SP版でアンドロイドGreeランキングの16位と高ランクインを果たしており、
海外には年内にリリース予定であることから売上の伸びも期待できます。
なお、Narutoは国内より海外の方が人気があるので、
海外市場の業績貢献が非常に期待されます。

上記業績予想に対する株式市場の反応としては、火曜日に業績発表があり、
翌日の水曜日には株価が9%程度下落しましたが、
その後はほぼ横ばいのまま、週末に若干の上昇となりました。
このように底堅い状況にあり、PERが6倍台であることから、今後の状況には期待が持てると思います!
スポンサーサイト

GREEの沈黙期間が終了?

金曜日は日経平均が大きく下げ、GREEも全体の流れに引っ張られて株価を下げましたが、
取引終了後には人気漫画のBLEACHのゲームをリリースすることや、
カナダの子会社設立がニュースリリースで発表されました。

その前日にもニュースリリースが出されていることから、
7月1日からの沈黙期間が終了したんですかね?

金曜日のニュースリリースに伴い、
その夜のPTS市場では取引が停止されたので、
おそらくはかなり買いが入っていることでしょう。
これは月曜日はかなり期待できると考えられます。

ただ、GREEは決算発表を8月14日に控えており、
他の銘柄も決算発表がこれから本格化するところなので、
取引高はあまり増えず、株価が大きく変動することはないかもしれませんね。

日本市場の商いが低水準

今日の日経平均は、68円高の8,795円となりましたが、非常に商いが少ないですね。

東証一部の今日の商いは8,741億円で、
1兆円を割り込むと商いが少なく市場に賑わいがないと言われますが、
最近の低水準の中でも特に少なくなっていますね。

日本の会社に多い3月決算であれば、
今週・来週くらいで続々と第1四半期決算が発表されるので、
決算発表待ちとも考えられますが、それにしても少ないので寂しい限りです。

一投資家としては日本の株式市場が活性化されて、
株価が上昇していくのが一番望ましいと思っているので、
貯蓄から投資へではないですが、日本国民はもっと株式投資をして、
日本の企業を支えていけば良いと思います!

REITによる海外不動産への投資が解禁へ

本日のニュースによると、
REITによる海外不動産への投資が実質解禁の方針となると報じられました。

REITにとっては投資対象のリスク分散が図れますし、
新興国等に積極的に投資・展開している企業としては、
REITに不動産を売却することによって、
資金調達を図ることができると考えられています。

この影響で今日の株式市場は不動産大手の株価上昇が目立ったようです。

日本の不動産市場は人口減少による需要減少で、
賃料と不動産価格が上昇しにくい状況となっているので、
このような規制緩和を契機に市場が活発化すれば良いですね!

それにデフレ圧力も徐々には弱まっていると考えられるので、
そろそろ不動産への投資時期かもしれませんね

今日はGreeがKlabに連れ安

今日は保有銘柄のうち、Greeの株価が4.72%安と大きく下げました。

これはSNSゲーム関連で同業となるKlabが先週末に発表した業績が、
アナリストの予想を下回っていたために、SNSゲーム関連の成長が鈍化しているという、
懸念から引き起こされているものです。

ただ、SNSゲーム関連市場の成長が鈍化している可能性もありますが、
それよりもKlabでの新作投入の遅れ等の影響で売上計上が遅れることと、
利益面では広告宣伝開始による費用発生で利益が減少していることと、
Klab固有の要因でSNSゲーム関連市場まで連動させて考えるのは強引過ぎる気がします。

また、Greeに関していえばApp storeランキングで探検ドリランドと釣りスタが上位20位以内に入っており、
Google PlayではGreeが一位をキープし続けています。
ここから考えると、それほど大きな業績鈍化は見込まれず、
そこに海外市場の収入が計上されだしてくるので、業績が鈍化するとしても現状のPERと比較すると、
割高であるとは考えにくい状況です。

色々言いつつも、頑ななまでの買いポジションなので、
株価が上がってほしい!という気持ちでいっぱいです(笑)
FC2カウンター
プロフィール

よしちん00

Author:よしちん00
とある会計士です。株式投資初心者のために記事から、投資情報を書いていきます。私のやる気を出すために拍手ボタンを押してください(笑)

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。