スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookとサイバーエージェントの株価下落にGreeが連れ安

タイトルの影響でGreeが100円も株価を下げて、1214円となりました。

では、Facebookとサイバーエージェントとの関連は何なのでしょうか?

Facebookは売上高は業績予想を上回ったものの、
上場関連費用を計上して赤字となったことや、
市場の期待を下回ったことから大幅安となっています。
これはFacebookがPC主体に広告収入を稼いでおり、
広告の表示スペースが小さいスマートフォンでは、
十分に収益を得られないのではと疑念を持たれている事も影響しています。

他方のサイバーエージェントは、
業績は前四半期比で伸びているものの、
Facebookと同様に市場予想を下回っていることから株価が大幅に下落しています。
業績の内容を見ると、コンプガチャの影響もあるものの、
アメーバで15歳以下を規制したことにより全体の活性が下がったというものが大きな影響を与えています。

これらの2社とGreeを比較すると、あまり共通点がないのではと思います。

まず、Facebookとの比較では、
FBがPCを主体としているのに対して、
Greeでは携帯とスマートフォンが主体となっており、
消費者がスマートフォンに移行していく流れにも乗っています。

そして、サイバーエージェントとの比較で言えば、
サイバーエージェントではコンプガチャの影響を受けて、
既存ゲームは対前四半期との比較で減少しているものの、
新規ゲームの投入により全体としては伸びています。
これをGreeに当てはめて考えると、
4-6月期は対前四半期比で横ばいか減少が見込まれるものの、
広告宣伝の自粛も終了し、フジテレビとの業務提携といった追い風もあることから、
新規に投入するゲームで収益が回復するものと考えられます。

上記のことから、Greeの株価は今後回復すると個人的には考えています!
スポンサーサイト

GREEの業績予想とフジテレビとの業務提携

本日のGREEはニュースが豊富です!

GREEの業績を日経新聞が予想した記事が朝刊で掲載と、
取引終了後にGREEがフジテレビとの業務提携を公表と、
本日は今後の投資判断につながる情報が出てきました。

業績についてはあくまで日経新聞が予想した数字で、
会社からは正式発表ではないと一般的なコメントで否定されているものの、
大きくはずすものではないと考えられるので、
4~6月業績は前四半期を下回っていると思われます。
ただ、下回っている要因が世の中を騒がした5月の自粛期間に売上が減少し、
6月は業績が上向きとなっているのであれば、今後も期待できそうです。

そして、個人的には業績よりもフジテレビとの業務提携は将来性があると考えています。
業務提携自体は業績に大きく貢献するものではないかもしれませんが、
フジテレビという日本メディアの最大手がDenaではなく、
GREEを選んだというのが大きいと感じています。

特にGREEはDenaより権力者やメディアから嫌われて必要以上に叩かれている印象がありますが、
フジテレビとの業務提携でその流れが変わって、他の企業との今後の連携にもプラスの影響があるのでは?
と思っています。

今日は取引金額も大きく跳ね上がった中で、
若干でも株価がプラスで終わったので、明日以降に期待です!


商いを伴わない日経平均株価下落なので

あまり気にする必要はないと考えますが、
161円安の8508円は買い方にはさすがに精神的ダメージが大きいですね。

この原因はユーロ圏の債務危機懸念に基づく、
円高とリスクオフ姿勢への傾きが大きいところではありますが、
それにしても株価の下落は行きすぎな気がします。

今週・来週と決算発表が本格化してくるので、
様子見ムードもあるとは思いますが、日本企業の業績だけで考えれば、
震災のあった昨年より復興需要のある今年は良くなると考えられますし、
この決算発表シーズンが終われば上昇すると思います。

あ、NY市場で取引が始まりましたが、NYダウは240ドル近く下げていますね・・・

日経平均が1万円に到達

昨日の取引時間中に日経平均が1万円を回復しましたね。

特に大きな要因がないままの株価上昇は気持ち悪い・・・

アメリカの経済指標が改善していると言う話もありますが、
今週末の雇用統計はどうなんでしょうね~。

改善効果があまり表れないような気もします。

そうこうしているうちに、日本企業の第1四半期決算を迎える時期になるので、
決算発表が続々と出てくれば、相場が変わるんでしょうね。

私事で言えば、決算時期が近づいてきたので、嫌だなぁと思っているところです。

週明けの日本株式市場

前週末の日経平均は51.98円高の9,868.07円という水準で終わりました。

最近では世界的な景気後退懸念が緩和されたと言うことで、
日経平均株価にも好影響を与えて、1万円を試す展開となっています。

週明けの日経平均は、前週末のNYダウ平均が168.43ドル高の12,582.77ドルで終わったことから、
日経平均株価は上昇してはじまると考えられます。

ただ、週末には米雇用統計が控えていることから、
積極的な買いは起こらず、月曜日には1万円を超える展開にはならないものと考えられます。

自分のポートフォリオで考えると、
MTIとプレサンスがゴールデンクロスとなっているので、
来週も上昇基調だと思えるので、安心して月曜日を迎えられます。
FC2カウンター
プロフィール

よしちん00

Author:よしちん00
とある会計士です。株式投資初心者のために記事から、投資情報を書いていきます。私のやる気を出すために拍手ボタンを押してください(笑)

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。