スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の株式投資資産額

2011年4月の株式投資資産額です。

今月も震災の影響を回復しきれず、
株式市場の売買も低水準となっています。
決算発表が続々と行われているので、
それを材料に投資家が戻ってくればと思います。

今後も1億円目指して、がんばります!

運用損益と銘柄は以下のとおりです。

時価評価額:10,255千円

含み損益:204千円

含み損益率:2.04%

確定損益:305千円

1年間損益:509千円

1年間損益率:5.07%

投資銘柄は、三菱商事、理研コランダム、MTI、
WDB、プレサンス、T&K TOKA、東栄住宅、EG、中国株式ETF、ブラジルETF、インドETFです
スポンサーサイト

株式市場の売買代金低迷

最近の日本株式市場は先行きの不透明感から、売買が低迷していますね。

東証一部であれば、1兆3千億円、ジャスダックであれば2千3百億円と、
さびしい水準となっており、決算発表や連休を前に売買を手控えているようです。

五月中旬まで行けば、
決算発表と連休が終わることから売買も活発になると考えられますが、
それまでは大きな動きは起きないんでしょうね。

現在の私の保有銘柄は、株価がジリジリ下がっていくジリ貧状態になっており、
凄く薄い含み益となっているので、含み損に落ち込まないか冷や冷やしています・・・

週末で株式市場は見送り状態

金曜日は週末ということで売買代金で見ると、
株式市場は休暇モードと言う感じでしたね。

私の保有銘柄のMTIが第2四半期の業績を上方修正したにもかかわらず、
下落してしまって残念です。

この2週間で10%程度上昇していたので、利益確定売りが出たのだと思いますが、
足元の業績と将来性を考えると、株価がもっと高くなってもおかしくないのではと考えられます。

震災前には自己株式の買い付けをおこなったように、もっと高い株式水準であっても、
割安水準だと言うシグナルを送る自己株式買い付けをやろうとしたように、
経営者から言うと株価水準がもっと高くても適正だということですし。

来週に期待ですね!

大型株→中小型株へ資金シフト中

私の保有銘柄を見ると、
最近になって大型株から中小型株へ資金がシフトしている様子が見られます。

また、日経平均とジャスダック平均を比較しても、その傾向が発生しています。

この動きは、株価の回復局面でよく見られる傾向ですが、
大型株が先に株価上昇し、投資家心理改善及び利益確定売りで生じた資金により、
中小型株への投資をおこなうという構図です。

中小型株へ資金が流入しやすくなっているので、
来週から本格化する決算発表で、下方修正しないであろう銘柄を選択して、
投資すれば値上がり益を得ることができそうですね。

イーガーディアンが割安水準

震災以来冴えない株式相場ですが、そんな相場だからこそ割安な株式が存在します。

その1つがイーガーディアンです。

つい先日に2011年9月期の通期業績を下方修正して、
株価が下落している銘柄ではありますが、注目すべきは下方修正の要因です。

公表されている下方修正要因を見ると、
一部のプロジェクトの進捗が遅れていることと震災による計画停電の影響で、
顧客の計画がずれたことによる業績修正となっています。

つまり、受注の状況は悪くないものの、
売上が計上されるタイミングが来期にずれたことで業績が下方修正されているだけなのです。

しかも、震災時に電話やメールが使えない中でSNSは使えたという、
SNS業界への追い風に乗って、今後は今まで以上に業績が伸びる可能性もあります。

上記のような内容で業績下方修正していますが、
業績を下方修正済みなので株価がこれ以上下落しないと言う考え方もできるので、
投資することを検討してみてはどうでしょうか!
FC2カウンター
プロフィール

よしちん00

Author:よしちん00
とある会計士です。株式投資初心者のために記事から、投資情報を書いていきます。私のやる気を出すために拍手ボタンを押してください(笑)

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。