スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注目のケネディクス不動産投資法人が増資

配当利回りが6%台と比較的高いため、注目していたケネディクス不動産投資法人ですが、
昨日に増資&物件取得を公表しました。

増資により、1口辺り配当金が下がっているために、今日は株価が急落していますが、
同時に借入金の担保が解除されたというニュースも出しているので、
今後は資金調達余力が上昇して、今後の物件取得&株価に良い影響を与えると考えられます。

今は景気低迷から、オフィスビルの物件価格が下がっている状況なので、
景気回復に向けて物件取得を進めていくには良い時期なんでしょうか。

現在は株価が291,300円で年間配当予想が18,600円と利回り6.3%程度は維持しているので、
今後の配当が下方修正されなければ、良い投資案件となりそうです。
スポンサーサイト

日経平均が1万円に到達

昨日の取引時間中に日経平均が1万円を回復しましたね。

特に大きな要因がないままの株価上昇は気持ち悪い・・・

アメリカの経済指標が改善していると言う話もありますが、
今週末の雇用統計はどうなんでしょうね~。

改善効果があまり表れないような気もします。

そうこうしているうちに、日本企業の第1四半期決算を迎える時期になるので、
決算発表が続々と出てくれば、相場が変わるんでしょうね。

私事で言えば、決算時期が近づいてきたので、嫌だなぁと思っているところです。

長期的に見て割安な日本郵船株式

日本郵船は大震災による自動車販売減少で業績が低迷していますが、
長期的に考えると業績が回復すると考えられるので、業績低迷中が投資時だと考えられます。

一番の注目ポイントは、PBRが0.7倍台と1倍を割っているので、
利益水準の回復と共に株価も上昇すると思われます。

利益水準も自動車販売回復と他業界も供給能力の回復により、
輸出が増加することで、今後の回復が見込めるので、今が投資するタイミングです。

☆株価指標

株価:296円

予想PER :14.8倍

予想EPS:20円

実績PBR :0.73倍

実績BPS:403.46円

予想配当利:1.35%

予想1株配当:4~5円

週明けの日本株式市場

前週末の日経平均は51.98円高の9,868.07円という水準で終わりました。

最近では世界的な景気後退懸念が緩和されたと言うことで、
日経平均株価にも好影響を与えて、1万円を試す展開となっています。

週明けの日経平均は、前週末のNYダウ平均が168.43ドル高の12,582.77ドルで終わったことから、
日経平均株価は上昇してはじまると考えられます。

ただ、週末には米雇用統計が控えていることから、
積極的な買いは起こらず、月曜日には1万円を超える展開にはならないものと考えられます。

自分のポートフォリオで考えると、
MTIとプレサンスがゴールデンクロスとなっているので、
来週も上昇基調だと思えるので、安心して月曜日を迎えられます。
FC2カウンター
プロフィール

よしちん00

Author:よしちん00
とある会計士です。株式投資初心者のために記事から、投資情報を書いていきます。私のやる気を出すために拍手ボタンを押してください(笑)

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。