FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDPとは何?

以前に書いたものですが、先行きが不透明なので、
株式投資の基本に戻って知識をつけるために再掲します。

GDPとはGross Domestic Productの略で、国内総生産と言います。

会社で例えると、売上-売上原価や経費=利益となりますが、
その利益を日本で合計したものがGDPとなります。

簡単に言うと、GDPは日本中の利益を足した金額の合計になります。

GDPはある国の経済力を表す際に良く用いられ、日本のGDPはおよそ500兆円です。

また、GDPには名目と実質があり、
物価の影響を除いたものを実質GDPといい、
物価の影響を調整しないものを名目GDPといいます。

実質GDPは純粋な経済活動の水準を見るために使用し、
名目GDPは人々の景況感を見ることができると言われています。

☆GDPの三面等価の原則

GDPの三面等価の原則とは、「GDP=生産=分配=支出」となるということです。

もっと分かりやすく記載すると、
GDP=日本の利益合計=日本の給料や配当等の合計=日本で使われたお金
となります。

日本で稼いだ利益は、従業員への給料や株主に対する配当として支払われます。

そして、給料や配当は皆さんの懐にお金として入り、そのお金は物やサービスを買うために支払われます。

つまり、日本で稼いだ利益は、最終的に皆に配られて皆で消費されます。

このように、利益は全て分配され、全て消費されるという法則が三面等価の原則です。

☆現在の不況の要因

三面等価の原則を現在の不況に当てはめて考えると、
皆がお金を使わず「支出」がすくないことが不況の要因です。

皆がお金をどんどん使うと、
支出が増えるので会社が儲かることで利益が増え、
分配としての給料や配当が増え、またお金を使うという良い循環になります。

(参考)
GDPの構成要素と構成比
①個人消費(家計)・・・約6割
②設備投資(企業)・・・約1.5割
③政府支出(国家)・・・約2割
④輸出入(外需)・・・約0.5割
関連記事

コメント

Secret

FC2カウンター
プロフィール

よしちん00

Author:よしちん00
とある会計士です。株式投資初心者のために記事から、投資情報を書いていきます。私のやる気を出すために拍手ボタンを押してください(笑)

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。